外壁塗装

■建物を保護する役割がある外壁塗装

カラフルな建物、おしゃれな建物。
わたしたちの周りを見渡せば、現代のニーズにマッチしたそんな建物が増えてきました。
そのため「建物へ施す塗装は、見た目や美観をととのえるもの」とお考えの方もいらっしゃるでしょう。

もちろん間違いではありません。塗り替えを行えば、建物の見た目は美しくなります。
しかしそれ以上に期待してよい塗装の効果は、「雨や紫外線から適切に建物を保護し、建物の耐久性を高める」という点。
雨漏りや建材の劣化を防ぐため、塗装工事は建物にとって必要な工事なのです。

そんな塗装の塗り替えサイクルは、一般的には約10年毎といわれています。
保護機能が失われた塗膜のままにしておくと、建材の劣化を速めたり、傷んだ箇所から雨漏りに繋がってしまう恐れもあるため、ご注意ください。

万が一雨漏りが進行して木部が腐食したり、鉄部がサビてしまったりすると、建物の耐久性に関わる他、湿った環境が大好きなカビ・シロアリの温床となってしまいます。
これはわたしたちが健康な生活を営む上で、排除しておかなければいけないこと。
適切なタイミングで塗り替えを行うのがベストです。

■塗料の種類を一部ご紹介

※立地環境や塗料の種類、施す外壁材などによって、耐用年数は異なります。
※気になる塗料がある場合は、お気軽にお問い合わせください。

○シリコン塗料【耐用年数:7~10年】

・高い耐久性、防汚性を兼ね備える
・シリコン塗料をベースとしたさまざまな特殊塗料も存在する
・近年価格が下がってきており、コストパフォーマンスに優れる


○ラジカル塗料【耐用年数:10~12年】

・2015年に発売された新塗料
・従来の塗料にはない高緻密なシールド層を形成する
・価格はシリコンと同程度


○フッ素塗料【耐用年数:15~18年】

・他の塗料と比較しても耐候性が抜群
・10年に一度の塗り替えが難しい、大型建造物に使用される例が多い
・耐久性に対する信頼性は高く、東京スカイツリーなどにも採用されるほど


○無機塗料【耐用年数:20~23年】

・石、アルミニウムなどの無機物と有機物を混ぜ合わせた塗料
・フッ素塗料よりさらに高い耐候性
・親水性が高く雨水によって自然に汚れが落ちる

▼お見積もり・ご相談▼

【お問い合わせ】080-2557-2995
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【受付時間】8:00~17:00
【対応エリア】狭山市を中心に埼玉県から関東全域対応(※その他エリアはお問い合わせください)

一覧ページに戻る